一歩・二歩・散歩

ジョギングを始めて楽しい人生を送れるようになりました。連れ合いさんとも走っています。

*

強風に飛ばされそうになって走った一色マラソン

   

 isshiki marathon com 2016 wp content uploads 2015 08 isshiki panph pdf

海風が有名な大会なのですが・・

2016年の最初のレースとして選んだのは1月24日開催の一色マラソンです。いやはや、聞きしに勝る強風でした。元々三河湾に面した海岸堤防道路を走りますので風が強くて有名な大会なのに、今回は次のような天気図。猛烈な冬型。

気温もセ氏0度ぐらい。

NewImage

tenki.jpの解説でも

日本付近は冬型の気圧配置が西から強まっています。午後4時の気温は中国地方で氷点下5度前後、九州は氷点下3度前後と、凍てつくような寒さとなっています。この大寒波襲来によって、奄美大島で115年ぶりに雪が降り、中国地方や九州でも所々で記録的な大雪となっています。

とのこと。

そんな厳しい条件でしたが、沿道で距離表示をしてくれている一色中学校の生徒さんたちに励まされ、必死になって走って時間内に完走できました。本当にありがとうございました。

レースは

10km

このコースマップでは普通に道路を走るもの、と思えますよね。私も単純にそう思ってました(^^;)

コースは一色町体育館をスタートゴールとした往復ルートです。

特徴は海岸堤防道路を合計7kmぐらい走ること。すぐ下には三河湾。のりの養殖や干潟が見えます。今回は強風で普段は穏やかな三河湾に白波が立ち、ウィンドサーフィンにピッタリなような。

2016 01 24 002634000 AB4FB iOS

スタート直前、寒さで皆さん震えています。少しでも日向にいたい。

2016 01 25 102521000 F54B0 iOS

海岸堤防道路を北西に向かう時が最悪でした。走ろうとしても足が前に出ない。まるでトレッドミルで走っているような。吹き飛ばされそうになったり、大勢の方がキャップを飛ばされていました。私はきつくしすぎて途中で頭がいたくなったりしました。失敗。

堤防を工事している狭いところですれ違いが必要となり、少し緊張しましたが、そんなところは歩けば問題なし。60分台で走ろうとしているのではありませんからね。

2016 01 25 042017000 DEEBB iOS

今回のレースのスプリットです。風に向かって走った5〜6km、17〜18km、20〜21kmでは7分半かかってますね。それ以外の時はまあまあのペースを踏めたのでこのまま京都マラソンに繋いでいきたいですね。

一色中学校の生徒さんたちに感謝

最初にも書きましたが、一色中学校の生徒さんたちが1km毎の距離表示係をしてくれています。非常に寒い中、3時間ぐらい立ちっぱなし、その上大きな声で声援してくれます。本当に力を貰いました、ありがとう御座います。

走りながらお礼を言わせて貰いましたが、もう一度ここに書いておきます。

もともとは地元の運動会の延長から始まったのでは?と思うような手作りのホンワカした大会です。決して多くのサービスを求めるべきものではないと思います。心の底から「走らせて頂きました。」と思える大会です。

運営に対して、駐車場の整理や荷物預かりなど不足のことはあるでしょうが、それはよその土地から来たレースのみを求める人の感覚だろうと思います。

一色町、西尾市の地元の人からすれば、駐車場は多くは不要です。荷物もありません。そんな大会に他所の人たちは「お邪魔させて頂く」という気持ちが必要だろうと思います。

小さな町が中学生や色々な団体のボランティアの手を借りて運営している、そのご苦労に感謝して止みません。本当にありがとう。

一色マラソン

 - コース, ジョギング, レース, 家族 , , ,